アジア情報イエローページ

アクセスカウンタ

zoom RSS 広州 亜細亜から南米旅行 五日目、二〇一六年三月五日【土】

<<   作成日時 : 2017/06/04 09:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今は昔・・・・・、支那といふ名の国、広州の地でゆっくりとふる・・・・・・・・・詠み人知らず

〈旅の日記から〉原文のままに・・・・・。

旅行五日目 :広州にとどまる
宿泊 :大安旅館二泊目  
両替    :なし
食費    :朝食 ゆっくり起きたので抜き 
      :昼食 23元【約410円】定食とスープ  
      :夜食 23元【上に同じ】丼と麺 
雑費    :ビール5本・25元【約446円】、水、つまみ、タバコ

 今回の旅に出発する前に怪我した左ヒザが痛いので、今日一日、行動を控える。12時頃に腹が減ったので、昨夜行った安食堂で、定食とギョーザ汁を食べる(23元)。中国の食堂はどこも量が多い。帰りにビール2本とタバコを買い、部屋でゆっくりする。窓のない部屋なので、洗濯物が乾かない。18時頃、食事に出て、丼と麺を食べる。量が多すぎて残す。スーパーに寄り、ビール3本と水・ツマミを買う。明日は香港に帰るつもり。



ご意見・ご感想はこちらまで sweet_mario@excite.co.jp
次回更新時に本文の中で回答します!!


 

 
 今回の旅(2016年3月1日〜7月16日)は約4ヶ月半に及ぶので、旅行者になって初めて小型PCを持参した。理由は旅行の後半には南米まで行く予定なので、ネットで利用している銀行へのパスワード更新が必須事項となるからだ。自宅ではノートPCを使っているが、携帯電話は使わない。旅行中もカメラが唯一の文明の利器だった。そこでともかく軽くて携帯に邪魔とならない小型のPCを探した。高価なものは必要ないので、台湾製のAsus Transbookを選んだ。約4万円。windows10が搭載されていた。

写真は 大安旅館の正面玄関(広州市の安ホテル)

中国・広東省・広州市の安ホテル大安旅館、china・Guangdong・Guangzhou・guest house



 旅行中は雨にも会うし、また走ったり、荷物をほり投げたりもするので、果たしてこんな薄っぺらい精密機器が無事でいられるか心配したが、結果的にはよく働いてくれた。いろんな国のいろんな場所で無料WiHiを拾ってくれたおかげで、インターネット接続はもちろん、デジカメで撮影した画像の保存に力を発揮してくれた。今回の長期旅行をこのブログで発表できるのも、この台湾製PCのお陰なのだ。キーボード部分から分離するので、タブレットとしても利用できた。ただ欠点をあげるとすればキーボードサイズが小さいので、男の手ではとても打ちづらい。いつも家のPCでやるようなスピードタイピングは望めなかった。

写真は大安旅館の狭いシャワールーム

中国・広東省・広州市のホテル・シャワールーム、china・Guangdong・Guangzhou・guest house shower room


 

 
 今回の旅の二番目の目標は、一日2、000円でやりくりすることだった。中国やベトナム、ラオス、インドネシア、タイ、フィリピンなどは目標内金額でやり遂げたが、韓国、台湾、シンガポール、マレーシアはきつかった。南米のブラジルは物価高、とても無理だったが、お隣のパラグアイでは大丈夫だった。ホテルに宿泊するなんてもってのほかだ。宿泊代だけで一日の予定額を超えてしまう。どうしても安宿が見つからないこともあるが、そんな時は夜行バスとか列車をホテル代わりに利用するという手がある。しかし、どうしてもその手が使えない場合は、最後の手段として野宿を選択する。世をすねたボヘミアンでも強い意志が必要なのだ!!

写真は、広州の安食堂の丼とカップ麺。

中華料理・丼、chinese food・rice bowl
 



 一日の長い移動を終え、新しい町について最初にすべきことはもちろん、今宵の宿の確保である。何度も言うが、私はガイドブックを持って旅をしないボヘミアンなので、運命に身を任せる。その町にたくさん宿があれば、選択の余地はあるが、そうでない場合ももちろんある。「ここは危ないな」と思わせる雰囲気の宿に泊まらなければならないこともある。薄い壁を隔てて、隣の物音が聞こえる時もあれば、ブラジルでは壁に大きな穴が開いていた宿もあった。(以前はクーラーが付いていたホテルが身売りして、その室内機を取り外して営業しているものと思われた)。そんな場合はドアのロックを確かめ、さらに椅子とかテーブルをドアに立てかける。暑い国だと蚊に悩まされるので、電気をつけっぱなしで寝る。そんな防犯対策をしなければ、身の安全を守れない。そんな時、小さなPCを使ってユーチューブを楽しむ。こんな芸当が出来る時代になったのだな〜!!

写真は 、旅行に持参したAsus transbookPC

 
旅行に持参したAsus transbookPC、Asus PC for the trip




ご意見・ご感想はこちらまで sweet_mario@excite.co.jp
次回更新時に本文の中で回答します!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
広州 亜細亜から南米旅行 五日目、二〇一六年三月五日【土】 アジア情報イエローページ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる